2019年6月 FRONTEO社と自然言語処理技術分野でOEM契約締結

AI Infinity株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:春芽健生)と株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏)は、「KIBITビジネスパートナー」としてOEM契約を締結したことを発表しました。本契約に基づき、AI Infinityは、FRONTEOが独自開発した自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」を同社のテキスト事業製品として提供開始します。

FRONTEOの「KIBIT」は、専門家や業務熟練者の経験に基づく「暗黙知」を学習し、その判断軸に沿ってテキストデータを高い品質で効率的に評価する人工知能です。少量の教師データで短時間での高精度な解析を実現します。独自の機械学習アルゴリズムを用いることで、従来のテキストマイニングや検索技術では困難な表現の類似性や文脈を捉えることができ、文章毎の特徴量を抽出できる点が大きな特徴です。これまでに、化学・機械・素材などの製造業や各種金融機関を始めとする幅広い業界で、営業支援・日報分析、人事・労務、カスタマーサポート、技術開発や商品開発・マーケティングなど多岐にわたるビジネスシーンで活用されています。

AI Infinityは、自然言語処理、音声認識、画像解析といった最先端のAI技術要素を融合させ、価値を創出し、企業が抱える様々なビジネス上の課題を解決するとともにビジネスを成功へと導くAI Integrator(AIer)企業です。

AI Infinityは、「KIBIT」の高い自然言語処理技術と運用定着ノウハウを高く評価し、今回のOEM契約に至りました。今回の提携を機に、AI Infinityは、同社の有するその他のAIソリューションやサービスと合わせて「KIBIT」を活用することで、お客様の様々なビジネスシーンにおける業務効率や生産性を飛躍的に高めることができるようになります。特に、AI Infinityが提供する、人間が原文を読んで要約する感覚に近い自然言語処理機能を有した「AI Infinity Text Summary1」と「KIBIT」の連携により、あらゆる業種や業務におけるテキストデータの有効活用が見込めます。例えば、要約したビジネス文書を教師データとして、KIBIT搭載の「Find Answer2」にインプットすることで、どこにどのような文書があるのか類似度を比較し、保管場所を素早く特定する、といったことが可能になります。

この仕組みにより、大量の文書ファイルを保管するためにキャビネットスペースを確保する必要がなくなることから、オフィススペースの大幅な削減・効率的活用ができ、各企業で検討が進む「働き方改革」を支援できるようになると考えています。

AI Infinity 代表取締役社長春芽健生のコメント>

AI Infinityは、この度のFRONTEOとのOEM契約締結により、自然言語処理分野で高く評価され豊富な実績を持つ「KIBIT」のOEM販売を開始できることを、大変喜ばしく思っています。数多くあるAI技術の中でも、特に応用範囲が広く、活用用途が多様なのが「自然言語処理」に関する技術です。これを機に、より多くのお客様の課題解決およびビジネスの発展に貢献できると期待しています。

FRONTEO代表取締役社長守本正宏のコメント>

FRONTEOは、最先端AI技術を提供するAI Integrator(AIer)企業のAI Infinityとのこの度のOEM契約を通して、より幅広いお客様層へ「KIBIT」の活用が拡大することを願っています。FRONTEOは、170社以上のお客様への「KIBIT」導入・運用で培ったノウハウを活かし両社のビジネス拡大を推進します。

1: AI Infinity Text Summaryについて

人間が原文を読んで特定の量にまとめようとする感覚に近い形で要約できる、自然言語処理機能を搭載。ルールベースとは一線を画した技術により、例えば1万文字の文書を35%に要約することが可能。

2: Find Answerについて

自然言語処理AIエンジン「KIBIT」を搭載したQ&Aシステム。入力された自然文から質問の意図を読み取り、求められる回答を高精度かつ迅速に提示する。

AI Infinity株式会社について】

AI Infinity 株式会社は、「Road to AI & Lead to AI」をミッションとする日本のAIリーディングカンパニーです。AIに携わるビジネスパーソンを育成・養成するカリキュラムを始め、データ精査やデータ生成を支援するAIアノテーションやAI プリパレーションサービスを提供いたします。また、AI自然言語処理技術を中核として、AI音声認識技術やAI画像解析技術といった様々な最先端の人工知能AI技術要素を融合化させて価値を創出し、AIコンサルティングを通じて、お客様の課題を解決していくAI Integrator(AIer)です。2017年12月設立。資本金46,400,000円(資本準備金含む)。提携企業数171社(2019年5月末時点)。ホームページ:https://www.all.cloud/

【株式会社FRONTEO について】

株式会社FRONTEOは、独自開発の人工知能エンジン「KIBIT」により、ビッグデータなどの情報解析を支援するデータ解析企業です。国際訴訟などに必要な電子データの証拠保全と調査・分析を行うeディスカバリ(電子証拠開示)や、デジタルフォレンジック調査を支援する企業として2003年8月に設立。自社開発のデータ解析プラットフォーム「Lit i View(リット・アイ・ビュー)」、日・中・韓・英の複数言語に対応した「Predictive Coding(プレディクティブ・コーディング)」技術などを駆使し、企業に訴訟対策支援を提供しています。このリーガル事業で培われ、発展した「KIBIT」を始めとする独自の人工知能関連技術は、専門家の経験や勘などの「暗黙知」を学び、人の思考の解析から、未来の行動の予測を実現します。ヘルスケアやビジネスインテリジェンスなどの領域に展開し、FinTechやRegTechに加え、「働き方改革」でも実績をあげています。2007 年6月26日東証マザーズ、2013年5月16日NASDAQ上場。資本金2,559,206千円(2019年3月31日現在)。2016年7月1日付けで株式会社UBICより現在の社名に変更しております。ホームページ:http://www.fronteo.com/